スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -
<< 17:【好きな食べ物?それはお前だぁぁぁ!!!!】  19:【まるで覗き穴の様な月が出ている・・・】 >>

18:【石炭を喰う鉄の馬。】


今日バイトから帰って来たら妹が熱心に「14歳の母」と言うドラマを見て居ました。
私の通っていた高校に行けばそんな話リアルタイムで幾らでも聞けるよ。


そんなこんなで、
この国にはびこる精力旺盛で無秩序に肉欲を欲している未成年諸君!

御機嫌よう!!

生活リズムの崩壊で副交感神経やられて偏頭痛のアンチョビです!!こめかみに焼け火箸を突き立てられている様だよう。

今日は久しぶりの終日勤務で、なかなか生産的な一日を過ごせました。
もっと私に仕事を下さい!でないと何だか最近旬のニートとか言う奴らになった錯覚に陥ってしまいます!!
怖いよ〜。
昼間出歩くと地元の人間に「あぁ、あれが今噂の・・・」みたいな目で見られるのが怖いよ〜う。
違います!仕事はしていますが会社の経済事情でシフト沢山入れてもらえないだけです!!だからそんな目で見ないで!!
「臭いウン●製造機」とか言わないで!!!

で、

昼間店に、「何か怖い女の子来たな〜」と思ったら通ってた高校の子でした。しかも部活の後輩。
やっぱりね。お世辞にも賢そうな顔していないもの。あ、気安く先輩とか呼ばないで。私貴方達の事ちょと引いてるもの。

んで、

帰りに中学以来、何やらキナ臭い話題が流れていて同年代からアンタッチャブルな扱いになっている地元の女の子に会いました。っていうか見かけました。
彼女は「ビビってやんの」と思っているらしいですが、貴方を含め、同年代の女子数人は今や地元の汚点となっていますよ!自分がアウト・オブ・蚊帳にいると言う事を早く認識して頂きたい物です。
同年代から母が出てしまえば誰だって近寄りたく無いです。
京都から出て行け。

所で、

何か久しぶりに会う友人が軒並み私の写真を撮って行くのですが。
やめろ〜、魂吸われる〜〜〜。
いや、別に良いんですけど。
こんどから一体何の目的かを述べてください。
事と場合によっては次に会うのは法廷だぞ?

comments(3) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

■ posted by fino  at 2006/10/27 11:55 PM
あらら?憶えていてくださったとは予想外。自己紹介の「今、頑張っていること」の欄に何を書こうか迷っていたところ「『子育てもしくは子作り』って書いとけ!」と言われたfinoです。今晩和。

そういえば「14歳の母」初回放送の翌日、ふと気づいたら教室にいた全グループ(お昼ごはんを食べるまとまり)がその話題で持ちきりでした。

子どもは授かるもので作るもんではないので授かるつもりがないのならそれなりの予防策をとるべきで…というような話をしても新手の宗教と間違われそうなのでやめますが、以前ピンクレディーの「S・O・S」の歌詞について友人(♀)と語り合ったことがあります。彼女が「なぜ年頃になったなら慎みなさいと言われるのは女性のほうなのだろう?」と訊くので、私は「身ごもってしまったときに最終的な決断を迫られるのは女性だからではないでしょうか。」と応えました。

ただひとつわかるのは「『母』といういきものは強い」ということですね。これはもう辞書の母の項目に「強い」と書き足してほしいくらいです。

私は母ではないし、そうなろうと励んでいるわけでもないので、別に強くないのですが最近大いに誤解されている気がします。
■ posted by アンチョビ  at 2006/10/28 12:50 AM
私はそのドラマの筋がサッパリ理解出来ていないんですがね。
まぁ、発情期のガキが焦って行為に及ぶと手痛い仕打ちに会いますよって言う話だろうと認識しています。

生きとし生きる生命体の存在意義はとことんまで還元して行くと結局「種を残す」という願望によって動いていますから。
だからと言って本能の赴くまま乱れ倒せば良い訳ではなくて我々は倫理と言う観念を持ち得る訳ですから其処は互いの思いやりが肝心と。
そもそも「生殖を伴わない生殖行動」として性交を行う人間は生物として矛盾している訳で。
と、まぁ、この手の話ならいつまででもしていたいですが。
よしておきましょうか、此処では。笑

「母はつよい」と言うのはやはり、生命としての目的を果たせたからではないかと。男は幾ら遺伝子をばらまいてもその目的が達成される事は無いんですよ。死ぬまでずっと。
私は常々女性は無限に続く環の中に居るのだと感じます。
何故なら生命は母より産まれ、母の肉体よりその始まりを発生させ、母の肉体を基礎に成長し、またその肉体から新たな根源を発生させる訳ですから。
我々の様に、ただ、より種を確実に残す為のプロセスとだけ発生した個体とその起源の深さが違うのですから。

私は基本的に物事をとことんまでロジックで説明付けてしまいたい人間なので、良く「夢の無い奴」と言われてまた夢についての論理的見解を語って煙たがられる今日この頃。
■ posted by fino  at 2006/10/29 9:36 PM
「私は基本的に物事をとことんまでロジックで説明付けてしまいたい人間なので…」の件にものすごく共感しますね。「ペンは剣よりも強し」そして「タンはペンよりも強し」なのです。尤もこれは「完全に偉大な指導者のもとでは」という前置きがあって始めて成立するので、理屈の通じない輩の前では通用しませんがね。彼らの前で一席ぶったとしても、彼らには私の言っていることが理解できないし、理解しようとしない。自慢の舌を使うまえに彼らの剣で刺し殺されるのがオチです。

おっと与太話が過ぎたかな?しかし私はこの手の話をうだうだしゃべってるのが好き(文字を介するとなお良い)なので、投稿してしまおうと思います。だれだったかわすれましたが、とにかくだれかが「人生は気合とはったり」と言ってましたしね。

COMMENT?

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: http://dog-is-god.jugem.jp/trackback/147