スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -
<< 13:【でも本当は馬鹿なんだろう?】  15:【私達は悩み続ける。辿り着くのはいつも「答は無い」と言う結論。】 >>

14:【結果はどうあれ我等は歴史を創るのだ!!】

日を跨いでしまいましたが、

今朝に引き続き御機嫌よう!!

最近、毎日野菜生活紫の野菜がマイブームのアンチョビです!

取りあえず山ほどネタは有るんですがね。
試験会場近隣がサイレントヒルみたいでした。
薄汚れた家屋。藻だらけのドブ川。枯れた植物。
天候も曇り時々小雨と言うベストコンディションで、正に絶好のゾンビ日和だったわけで。
最寄り駅から試験場まではバスが通っているのでそれに乗って、教則本を速読しながら会場へ。

で、試験場目前にさしかかった所、目前に突如怪しげなモギシケンなる看板が!!
うむ、そこはかとなく闇社会の香りが漂っている!
しかも店先には何かホラー漫画のやられキャラみたいな男が立っている !!ますますヘヴィだ !!
取りあえず話を聞いた所、何でも模擬問題を講習付きでやらしてくれるとの事。

早速必要書類に記入を済ませ、男の立っていた建物の二階へ行くと既に4・5人の若者達が。平日に受けに来たって事はお前等あんまり育ち良く無いな?
で、暫くすると例の別冊マーガレットに出て来そうな男がやって来て講釈を始める。うむ、顔に似合わす饒舌だ。

そんなこんなで配布されたプリントをこなしていると実技講習の時間が来たので教習場へ。
男声テノール的な声色の教官の耳障りな説明を聞きながらブースカブースカ教習を受ける。
これは面白かった。
旋回したり2段階右折したり指示器出したり無駄に警音機鳴らしてどやされたりしながら3時間ほどで教習終了。
昼食も惜しんでいよいよ学科試験。

試験会場にはヤンキーか警察しかいない。ある意味緊張感が。
黒板に張り出された氏名記入の例が浦島太郎ってどうなのよとか思いつつ、神妙な空気の中試験説明が始まる。
胃がねじ切れそうだ!受験の時でもこんなにはならなかったのに!しかしこの短時間かつ7000円そこらの受験料であの時の緊張感が味わえるのはお得かもしれん。
やっべ2つ以上の意味合いで興奮して来た。

とは言え所詮は原付。畏れていたほどの手強さ絞く、さっさと解いて試験終了。
うおぅ。販売機の抹茶オーレの不味い事。
売店のババアの愛想の悪い事。
なんて不愉快で滑稽な建物なんだろう。
はまってしまいそうだ。

そしてそしていよいよ結果発表。

ぅおおおおぉぉぉるぇいっ!一発合格 !!

ざーまーみろ!はっはーだ!はっはーだ !!
あいつら落ちてやんの〜。愚か〜。
やべっ地元ヤンキーだ。
何はともあれ今までのはらわたがよじれる苦痛も一変して快感に変貌しますよ。
その後書類貰ってなぞに一時間待たされて、最後の交付手続き。

照明写真を撮る際、ピアスで係のマダムを困惑させつつもなんとかかんとか免許完成。
これさえ貰えりゃこんな辛気臭ぇ所にゃ用はねぇぜ !!
二度と来るか !!ペッ!!



友人からの電話
「合格したら何か免許入れる青いヤツ買わされるだろ。アレいらねぇから気をつけねぇとぼったくられるぞ。」

買った5秒後の事だった。

comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: http://dog-is-god.jugem.jp/trackback/143